問題


日本における聴覚障がい生徒の数

日本全国には18歳以下の聴覚障がい者が約1万7千人いるといわれています。

その数は、全人口のうち2000万人いるといわれる難聴者も含めると

もっと多くの子どもたちが「きこえない」状況にあるといえます。

そのうち、1万人以上の聴覚障がい者と難聴者は健聴者と同じ学校に通っています。


聴覚障がい者の教育問題に関する討論(勉強会)のようす

聴覚障がい者の教育問題に関する討論(勉強会)のようす

「きこえない」ことの悪い影響

健聴者と同じ学校を出た生徒から

「先生の言ったことがきこえない」
「板書と教科書のみで勉強していた。授業中はほぼ自習の状態」
「授業中に発言の権利がない」
「(コミュニティにうまく入れず)進路の相談を気軽にできる友達がいない」
「情報保障を受けられる大学などの進路情報がまとまっていない」
「学校から聴覚障がいについて困っていることを軽視された」
「塾に通おうと思ったが、断られた」

ろう学校を出た生徒から

「ひとりひとりのレベルに合わせる進め方なので進度が遅くなる」
「勉強に対するモチベーションが低い」
「学校の先生が進路情報を持っていない」
「生徒間のふれあいの範囲が狭く、刺激や情報が少ない」

学校選択における親の葛藤〜健聴学校なのか、ろう学校なのか〜

子と親のそれぞれの希望、それと交錯するそれぞれの学校のメリットやデメリット
まるで一方を得れば一方を失うかのような選択を迫られる傾向にあります。

これらは私たちが教育に関わる前に、当事者にヒアリングした内容で
各個人(きこえのレベルや地域・環境など)によって問題は異なります。