未来


きこえないという武器を未来に活かす。

元ろう者サッカー日本代表 宮田翔実と出会って

彼は大学に入るまで、サッカーに明け暮れていました。
ボールをパスしあうことが、自分の発した声も聞こえない彼にとって
健聴者とのコミュニケーションツールでした。
彼は小中高大と健聴の学校に通い、彼自身に聞くと
きこえないことによるあらゆる苦労話はついつい時間を忘れ聞き入ってしまいます。
同時に、彼がきこえないことの壁を必死に乗り越えようと努力してきた姿に心を打たれます。
日本人口の0.27%しか居ない聴覚障がい者の数奇な運命を
彼は逆手に取り、自分の能力を開発し、チャンスを掴んできました。
ろう者サッカー日本代表となり、世界の空気を吸ったとき
彼はこれまで一筋に熱中していたサッカーを手放しました。
聴覚障がい者として生まれたことが自分の可能性を広げた瞬間だったのです。

彼は今、大学生ながら本プロジェクト運営の中心選手の一員として
後輩の育成のため、慣れないイベント企画や広報活動などに汗を流してくれています。

「きこえないという武器を未来に活かす。」
これは、彼だけができたという話ではありません。
多くの子ども達は彼と同じ可能性を秘め、
実行のためのエネルギーを持っているのです。


子どもたちに夢を持ってほしい

私たちはエイドネットというインターネット上の教室に努力できる環境を整えます。
子どもたちのエネルギーを受け止めてあげれるよう先生・教育コーチ一同努めます。
また、子どもたちの夢について共に考え、できる限りのサポートを行います。
「仕方ない」をいつまでも当たり前にしていてはいけない。

「障がいがあったから、今の自分が創られたんだ」と胸を張って
社会で活躍する新しい時代の聴覚障がい者の輩出を目指します。

生徒募集詳細を見る/先生募集詳細を見る